佐渡の旅を振り返る

ssadop
佐渡ブックフェスティバルから戻り、
また安曇野と御田町の生活が再びはじまった。
すみれ洋裁店にちらといくとお茶飲んでいけば?と言われて
お茶を飲んだり、きさちゃん夫婦がきて
ペンキ塗りの日の打ち合わせをしたり。
それから、POLOMで仕事しているとおかみさん達がやってきて
障子紙や習字紙をいただく。
しばらくしてから、カレーもいただいた。
そういうふうに近所の方とやりとりしながら
ゆっくりと仕事をこなす日。
外は曇りで写真を撮りに行かないといけないのに曇っているから行けれない。

さて、佐渡の旅を振り返る。
ブックフェスはワークショップと物販などでほどほどに忙しかった。
入場料でまず500円を払うのに、いろいろなワークショップに参加したり
ちょっとしたものを買ってくださってありがたかった。
今年の木村伊兵衛賞の本もブックフェスの会場でやっと見ることができて嬉しかった。
打ち上げに見た、佐渡の芸能の数々、
携帯でビデオを撮っておくべきだった。
面白すぎた。
大きな草などを入れとくザルを見ると
かにに変身させてあげたい、、、と思うほど。
ブックフェスのパンフを作っているおけさど出版の方と
お祭りの日にお話することができた。
聞くと、編集者で大阪からの移住者だった。

写真はハロー!ブックス翌日の羽茂祭りで撮った写真。
大道芸もでていて、この人達松本にもきて欲しいなと思う。
彼らはしばらく佐渡に居て、来週にはまた違うお祭りにも出演するそう。
佐渡で出会えた人達にまた会えたらいいです。
スポンサーサイト
プロフィール

momopiro

Author:momopiro
写真を撮ってます。
たまにイラストも書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問者